物質化学科を目指すみなさんへ画像

教育プログラム

       

物質化学科には,「機能材料化学コース」,「環境化学コース」,「基礎化学コース」,「材料工学特別コース」の4つのコースがあります。物質化学科に入学した学生は,1,2年生で語学,一般教養及び物質化学に関係する基礎,専門科目を一通り学んだ後,3年生からこれらのコースに分かれ,それぞれのコースの特色を生かしたカリキュラムで,より専門的な知識・技術を学びます。特に,4年生になると,研究室に配属され,学生一人一人が個別の研究課題に取り組み,将来,様々な道に進んだ際に必要となる,自ら課題を見つけ,解決するための力を養います。さらに,このような力を伸ばし,専門的な知識も身につけたい人には,大学院博士前期・後期課程が用意されています。(2021年度卒業生の大学院進学率:55%)

教育プログラム
2023年度入学の1年生より,コースの編成を変更する予定です。

機能材料化学コース

機能材料の開発・応用に強く,基礎力や環境・安全に関する知識も備えた科学技術者の育成を目指す教育コースです。本コースの教育プログラムは,「化学および関連のエンジニアリング分野」で日本技術者教育認定機構(JABEE)による認定を受けています。修了生は,国際的に通用する化学技術者として必要な教育を受けたことが保証されます。(本コースのみ必修の科目:化学技術デザイン,技術者倫理等)

環境化学コース

環境・安全への高い意識を持ち,環境保全やグリーンエネルギーなどに関する知識・技術を生かして活躍できる化学系人材の育成を目指す教育コースです。今後ますます重要になる「環境」の問題について,化学の立場から理解を深め,解決するための知識を身に着けるカリキュラムを設定しています。(本コースのみ必修の科目:環境化学1,機器分析化学1等)

基礎化学コース

化学の基礎に強く,応用や環境・安全に関する知識を備えた,幅広い分野で活躍できる化学系の人材の育成を目指す教育コースです。将来活躍したい分野に合わせて科目を選択できるように自由度の高いカリキュラムを設定しています。

材料工学特別コース

材料系企業で活躍できる人材を育成することを目的としたコースです。金属関連産業への興味と理解を深める科目を履修するとともに,化学の専門分野の基礎知識,能力を磨きます。(本コースのみ必修の科目:資源循環化学,環境材料工学等)